ショートステイ

 

短期入所生活介護サービス

最大利用定員7名(専用ベッド2+空ベッド利用5)要介護者等に認定された高齢者の方が対象となります。
家族による介護負担を軽減するために短期の入所を受け入れます。
ご利用中は特別養護老人ホームと同じ日課により、同様のサービスを提供いたします。
予約制利用を基本としますが、緊急時は予約状況により当日の受入れもいたします。
介護保険給付による利用日数は認定された介護度により異なりますが、保険給付外でのご利用も可能です。

 

基本料金

  1. 料金はご入居者さまの要介護度と収入段階、利用する居室形態によって算定されます。尚、要支援(1・2)の認定を受けた方も対象利用可能となります。
  2. 要介護認定(要介護1~5)と収入段階(第一段階~第四段階)は行政にて決定されます。
  3. 下記料金は1日あたりの自己負担金です。1〜4の総計が基本料金となります。

1.利用料金《要支援・要介護度別》

要支援1 438円
要支援2 545円
要介護1 586円
要介護2 654円
要介護3 724円
要介護4 792円
要介護5 859円

2.居住費《収入段階別》

個室 多床室
第一段階 320円 0円
第二段階 420円 370円
第三段階 820円 370円
第四段階 1,200円 1,040円

次のいずれかに該当する場合、個室を利用しても多床室に係る介護報酬を適用します。

  • 感染症等により個室への入居の必要性があると医師が判断した者であって、当該個室への入居期間が30日以内であるもの。
  • 著しい精神症状等により、他の同室者の心身状況に重大な影響を及ぼすおそれがあるとして、個室での対応が必要であると医師が判断した者。

3.食費《収入段階別》

最大/1日 朝のみ 昼のみ 夕のみ
第一段階 300円 - - -
第二段階 390円 380円 - -
第三段階 650円 380円 510円 490円
第四段階 - 383円 515円 494円

4.日用品費

300円/1日

収入段階について

  • 第一段階 生活保護受給者の方、老齢福祉年金受給者で世帯全員が住民税非課税の方です。
  • 第二段階 世帯全員が住民税非課税の方で、課税年金収入額と合計所得額の合計が年間80万円以下の方です。
  • 第三段階 世帯全員が住民税非課税の方で、第二段階に該当しない方です。
  • 第四段階 住民税課税世帯の方です。

 

よくあるご質問

Q.ショートステイを利用したいのですが事前の見学などできますか?
A.初めての利用前には、原則施設見学をお願いします。施設や職員の雰囲気を直接ご確認ください。

Q.料金はどれくらいかかるのでしょうか?
A.介護度(要支援も含む)によって料金が異なります。また、食費や居住費(滞在費)は、ご利用者さまの年収によって料金が異なってきます。料金表をご確認ください。

Q.何を持っていけばよいのでしょうか?
A.ご用意いただくものの詳細については、生活相談員へお問い合わせください。

Q.医療ケアが必要なのですが、ショートステイを利用できますか?
A.対応可能なケースと困難なケースがあります。事前にご相談ください。

Q.食事制限があるのですが大丈夫でしょうか?
A.療養食(減塩食など)の提供はしています。しかし、対応が困難な食事内容もありますので、事前にご相談ください。※治療食は加算の対象となります。詳しくは料金表をご確認ください。

Q.認知症がひどくても利用できますか?
A.認知症による個性的な行動(暴力行為など)の状況によって、集団での生活に支障があると判断した場合、利用中であっても即時利用を中止する場合もあります。心配な事柄は、事前にご相談いただくことで対応可能な場合もありますので、詳細な情報を提供していただけますようお願いいたします。

Q.利用中に理髪をしていただけますか?
A.基本的には、毎月第1・3の月曜日に実施しています。また、美容(パーマやカラーリング)は第2月曜日に実施しています。
※料金は、料金表をご確認ください。
※美容は予約制となります。
※実施予定日が祭日等により、変更となる場合があります。

Q.利用中の本人の様子が知りたいのですが教えてもらえますか?
A.電話でのお問い合わせの際に利用者コードをご提示ください。面会同様に利用者コードの提示がないと、お問い合わせには一切お答えすることができませんので、あらかじめご了承ください。

Q.イベントや行事、クラブ活動は行われていますか? また、それに参加することはできますか?
A.ご希望に応じ参加していただくことができます。内容によっては別途費用がかかる場合があります。

Q.ショートステイ利用中に病院受診はできますか?
A.ご家族様で対応していただくこととなります。受診される場合、事前にご連絡をしていただき、外出として受診するようになります。

Q.発熱等の状態変化があった場合はどう対応するのですか?
A.ご利用中、発熱などの状態変化があった場合は、利用表記載の連絡先に連絡し、利用継続・受診対応といった判断・対応をお伺いいたします。

Q.リハビリ訓練はできますか?
A.専門職(理学療法士や作業療法士など)によるリハビリは行えませんが、日々の生活の中で可能と思われる動作(立ち上がりや立位保持などの基本動作、移動動作、整容動作、着替えなど)は、声掛けや見守りにて支援します。

Q.間食の習慣があるのですが、おやつなどの提供はしていますか?
A.園からのおやつの提供は行っていません。個人で好きなおやつを召し上がっていただきますので、間食の習慣ある場合には、日持ちのする菓子類を持参ください。

Q.利用日数の延長はできますか?
A.居室や受け入れ可能なフロアに空きがある場合については可能です。ご希望の際はご相談ください。

電話をかける